M2 Shot Triggers
  • line

ストーリー

宇宙歴○●◎○年。メルト星地球攻撃軍旗艦グレイトグラッチェは太陽系第3惑星を侵略すべく進撃を開始していた。
メルト星は銀河系屈指の軍事力を擁し、またその中でも選りすぐりの精鋭部隊を率いるのは宇宙の猛将(そらのもうしょう)と恐れられる地球侵略最高司令官グラッチェ提督であった。
グラッチェは母星からの使命であり、また自らの野望でもある美しい水の惑星を手に入れるため、遂にメルト星と地球の中間地点に位置する惑星フィーバーの領域にまで達していたのである。

-しかし-
ここでメルト星史上、
否、宇宙史上最大の悲劇が起ころうと誰が予想したであろうか?

フィーバー星付近を航行する一般の船舶の間では、計器類を混乱させる謎の怪電波を恐れ、多少の時間を要しても迂回するのが常識になっている。
だが哀しいかな軍人であるグラッチェはそれを迷信と決めつけ、血気にはやるブリッジクルー達と共にフィーバー星領域の航行を決したのであった。
だが、進行するにしたがって強大になってくる怪電波。船が軋み計器が狂い出し、動揺するクルー。
そして悲劇は重なり遂には私室で提督婦人アイリーン=キャサリーヌと「いやーん★ムフフ」 な会話を楽しんでいたグラッチェのビデオフォーンにまで影響を及ぼしたのである!
グラッチェは吠えた!!
「我が妻との愛の語らいを邪魔せし者は誰だ! 愛の裁きという名の鉄槌を食らわしてくれるわ!!」
地球侵略など、もはや俺の知った事ではない。そう、軍人という名の仮面の下は 愛に生きる純な漢(おとこ)グラッチェはラブラブ・ファイターなのだ。
制止する部下を振り切り、怒りに震えるグラッチェは怪電波の発信源と思われる見た事の無い特殊施設へ艦隊を強制着陸させたのだった。

こうして運命の歯車が、音を立てて回り始めた……。
(つづく……のかな?)

-次回・予告-

敵愾心をあらわにし、襲いかかる猛将の前に立ち塞がる眼光鋭いアフロヘアーの若者。
対峙しながらもこの出会いに宿命じみたものを感じる2人だが、皮肉にもそれはこれから訪れようとしている凄惨な戦いの序曲でしかなかった。
それぞれの信念は、互いに相反するものでしかないと思い知らされる2人。
理解とは。共感とは。信頼とは。星と星と、いや、人と人の存在をかけた戦いが、遂に惑星フィーバーで始まる!

次回、舞踏戦士フィーバロン
第二話「くらえ、俺のカヒョカヒョ攻撃!」お楽しみに!ウソよ、ウソ。

キャラクター

アフロ&マッコイ

ダンスが生命の源本であるFEVER星にあってNo1、2の 美しき舞を演じると謳われるこの2名。それだけに自分達の ソウルフルなパフォーマンスを「くだらない!」と一言で片付 けたばかりか、止めさせようとまでする見ず知らずのオッサン (グラッチェ提督のこと)達相手にに不毛な戦いを挑むなど、 踊りに対する情熱は人一倍強い。
だがパイロットとしての腕前は相当なもので、先のメルト星との 戦役においては5つの母艦を撃破し敵将グラッチェをも震撼させた。
一説によるとFEVER星主力兵器のファイターはパイロットから 発せられるダンス・グルーヴが原動力であり、そのパワーが強いほど 機動性、攻撃力を含めたすべての性能が上昇するといわれている。(○ーラ○トラーか?!)
従って、強大なダンスエナジーを放出する彼らが、エースパイロットとして華々しい戦果を上げているのも当然なのだ。
ちなみに2人とも胸毛があり、顎も割れている。(関係ないケド……)

(注)ダンスエナジーについて詳しく知りたい人はGAMEST242号 弾銃フィーバロン袋叩きデータを参照しよう!!(いいのかね?こんな設定で……?)

アフロ&マッコイ
名 前アフロ(左)マッコイ(右)
職 業舞闘家(自称)武踊家(自称)
愛 機Type-AType-B
趣 味激しく踊ること楽しく踊ること
特 技どこでも踊れること寝ながら踊れること
目 標空中で踊ること水中で踊ること
好きな言葉生涯乱舞踊りは世界を救う

ステファニー

タイトルロゴや本ゲーム(面クリ時)にきらびやかに登場する、ちょっとイカれた……いや、イカしたナイスバディなシルエット。
それがスクールメ○ツ(古ッッ!)も裸足で逃げ出すという、踊る集団「フィーバー娘」である。その彼女達が憧れ、教祖として崇め奉られているのが強大なダンスエナジーを放つステファニーである。
FEVER星の主力攻撃機はパイロットのダンス・グルーヴが一定値まで到達しなければ起動しないため、その道のエリートしか乗りこなすことができない。だがステファニーは自らが持つハイパワーを制御し、時には兄貴分であるアフロやマッコイを凌駕するほどの戦闘力を発揮することもあるFEVER of Queen娘なのだ!(何のこっちゃ?)

(注)フィーバー娘について詳しく知りたい人はGAMEST242号弾銃フィーバロン袋叩きデータを参照しよう!!(こればっか……)

ステファニー
名 前ステファニー
職 業フィーバー娘(教祖)
愛 機Type-C
趣 味美しく舞うこと
特 技歌って踊れること
3サイズ未設定
将来の夢ダンス留学(どこに?!)

グラッチェ提督 & アイリーン

宇宙広しといえども夫婦の会話(それも電話)が邪魔されただけで、星間戦争を勃発させてしまう者など彼しかおるまい。(いや、いてたまるか!)
宇宙史上最強にして最悪の性癖を備えた男、グラッチェ=フォルタボルタはメルト軍の上級将校であり、メルト星の悲願であった地球侵攻(第2次アイリーン作戦遂行)の総指揮権を任された最高司令官であるのだが、なぜ彼のようなファンキーでアナーキー(色々な意味で)な人物がそんな凄い立場にいるのか、こちらが教えてもらいたい位に謎である。
とにかく闘将グラッチェは地球侵略とアフロ達のくだらない踊りを止めさせるべく、激しい戦いに身を投じ続けるのであった。

(注1)なお上のイラストは広報素材のため、かなり「濃く」描かれているが、イラスト担当者である(ゲー○スト編集部いうところの)アイリーン☆中村嬢の初期デザインでは、割と凛々しく(ちょっとニヒルに)なっていた。

(注2)ちなみに「グラッチェはフォルタボルタで、アイリーンはキャサリーヌになってるけど、夫婦なのに名字が違うなんておかしいじゃん!」と思われる向きもあるかもしれないが、断っておくがメルト星は夫婦別姓が常識であって決して今、思い付いた事を無理矢理設定として紹介しているなどの誤解はしないでほしい。しかし、ふざけるなとか、抗議のメールを送ってやるとかあまつさえゲーメ○トの読者の声に投稿してやる! とかの声があるのであれば「実はグラッチェは婿養子で本名はグラッチェ=キャサリーヌなのだが、威厳を保つために旧姓を名乗っている」または「アイリーンの頭文字がAHとなり、昔地球で流行った外タレバンド(若い人は知らないだろうなぁ)を連想させてしまうのでイヤだと駄々をこねた」とかに変更する用意があることも付け加えておこう。

グラッチェ提督 & アイリーン
名 前グラッチェ
(抱いてる方)
アイリーン
(抱かれてる方)
職 業軍人専業主婦
愛 機ラスボス
(名称不明)
ヒ・ミ・ツ
趣 味夫婦の会話手芸・カラオケ
特 技夫婦の会話親指を手首につけられる
目 標夫婦の会話体重をンkg落とすこと
好きな言葉夫婦の会話特になし